お知らせNEWS

四国センター工場建設進捗状況です。

9月に入り台風の影響が心配でしたが、足場もとれ一安心です。

台風さんよ、今年は善通寺市に来ないで下さいね。

9月2日
9月12日
9月12日

四国センター工場新築工事地鎮祭を行いました。

令和4年5月26日(木)、四国新工場の地鎮祭を執り行いました。式には、設計・施工業者の株式会社久保組様、宮東上水利組合代表者様、当社関係者が参列し、新工場建設工事の安全を祈願いたしました。令和4年11月完成に向け、6月15日より着工します。新工場のコンセプトは、①リードタイム短縮を実現し、生産性を向上させる②働くスタッフに優しい工場です。                                 工事期間中、近隣の皆様には工事車両の出入り等ご迷惑をおかけすると存じますが、安全第一に進めて参りますので、何卒、ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。                                また、新工場の進捗状況につきましては、随時HP棟等でお知らせさせていただきます。

プロジェクトチーム発足

2021年1月29日、プロジェクトチームを発足しました。

チーム名は MIP    Maruoka Innovation Project

先ずは、四国工場建設に向けて、稼働します。

アイコクアルファ(株)CAD/CAMシステム導入

2021年12月、CAD/CAMシステムを導入しました。自由曲面の加工や4軸加工、5軸加工など複雑なプログラムを組むのはとても大変な作業です。しかし、3D CADを使用することによって難しい多様な加工に対応することが可能になります。また、CAMの使用により、プログラミングの時間短縮にも繋がります。今回のCAD/CAMシステム導入により、作業の精度アップ、品質向上を図ります。

中村留精密工業(株)精密CNC旋盤NTY3-100導入

中村留精密工業(株)製精密CNC旋盤NTY3-100を2022年2月四国工場に導入しました。複合加工機は、数機種の工作機械を使用せずに1台の機械で加工を行うことを目的として設計された機械であり、フライス加工、旋盤加工、穴あけ加工などの数種類の加工ができる数値制御工作機械です。多くの場合1つの部品を素材から完成品まで仕上げるには、旋盤とマシニングセンタなど最低2つの工作機械を用意する必要がありましたが、複合加工機はそれらの全ての工程を1台で済ませる画期的なマシンです。同時にCAD/CAMも導入し、本稼働を目指します。